社会福祉法人 おかざき福祉会

電話番号0564-47-3333
メニュー

地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域で暮らす高齢者の方々が、いつまでも健やかに住み慣れた地域で生活していけるよう、介護・福祉・健康・医療等、様々な面から総合的に支援します。

対象施設 ●こささの里

<よくある質問>

Q. 「地域包括支援センター」とは何ですか?
A. 地域の高齢者の総合相談窓口として、医療・介護、生活面の相談に乗り、関係機関と地域と高齢者とのかけ橋役になっています。
また、地域同士のネットワークを構築し、住み慣れたところで安心して暮らせる地域づくりを目指しています。

Q. 介護保険サービスの利用の流れを教えてください。
A. 介護保険サービスを利用するときは、まず「要介護・要支援認定」の申請が必要となります。
認定調査、介護認定審査会での判定を元に、介護を必要とする度合い「要介護度」が認定されます。
申請は地域包括支援センターで代行することもでき、利用の流れも詳しく説明致しますので、介護でお困りのことが生じたら地域包括支援センターにお問い合わせください。

Q. 地域包括支援センターの利用には料金がかかりますか?
A. 相談は無料です。お気軽にお電話ください。

Q. 要支援の認定で受けられるサービスにはどのようなものがありますか?
A. 介護保険の予防給付が受けられます。
訪問介護(ホームヘルプサービス)、通所介護(デイサービス)、福祉用具の貸与などがありますが、状態に応じて予防プランにもとづいたサービスを利用しますので、まずは地域包括支援センターにご相談ください。

Q. 予防プランとは何ですか?
A. サービスを利用するためには、まず地域包括支援センターの職員がアセスメント(課題分析)に伺い、利用者の心身の状態や環境などを把握します。
その後、支援メニューを利用者様・ご家族様とサービス担当者を含めて検討します。
それを元に、目標を達成するためのサービスの種類や回数を決定して作成するのが介護予防ケアプランとなります。
まずは地域包括支援センターにお問い合わせください。

Q. 要介護の認定が出た場合、どうなりますか?
A. 地域包括支援センターではなく、ケアマネジャー(居宅介護支援事業所)が担当となります。
かわいの里・みよしの里にも居宅介護支援事業所はあります。
必要に応じてご希望に沿ったケアマネジャーをご紹介いたします。

Q. 最近足腰が弱ってきて、起き上がりが難しくなってきているのですが・・・。
A. 地域包括支援センターでは在宅生活に向けてのご相談にも応じています。
必要に応じて介護保険制度の紹介も致しますのでお問い合わせください。

Q. 最近外に出る機会が少なく認知症が進行しているようで、予防したいのですが・・・。
A. 通所介護(デイサービス)などが有効な場合もあります。
必要に応じて介護保険制度の紹介も致しますのでお問い合わせください。
かかりつけ医がいない方には、どこにどんな医療機関があるのか紹介することも可能です。

Q. 一人暮らしをしていて緊急時の対応に不安があります。
A. 介護保険以外で市役所が行っている在宅福祉サービスがあります。
お気軽に地域包括支援センターにご相談ください。